実は筆者がリプロスキンと出会ったのは、かなり昔で今から7年前…2012年のことでした。

そしてリプロスキンを最初に使いだしたのは、私ではなく妻でした。

私の妻は某大手化粧品メーカーの対面販売員(デパートの化粧品売場とかでお客さんにメイク指導とかスキンケアチェックする仕事)をしているのですが、メイクはバッチリきめることができるのですが、自分の肌には大きなコンプレックスをもっていました。

なぜか?

それは消えない、消せないニキビ跡があったからです。

たしかにすっぴん顔の妻の顔には、赤みがかった、あるいは茶色いシミのようになったニキビ跡がけっこうあったんです。

仕事がら、スキンケアや化粧品についての知識はかなりあるので、これまでにも自社だけでなく、他社も含めて数々のスキンケア商品にトライしてきたのですが、ニキビ跡が消えることはありませんでした。

そんな中で妻が出した結論はこうでした…

ニキビ跡は消えない

でも、その結論は間違いでした。

この後、妻のニキビ跡は本当に消えてしまったのです。

(つづく)

つづきはこちら
↓  ↓  ↓
次の記事:リプロスキン実践日記04【前日談】リプロスキンとの出会いと衝撃

リプロスキンの効果があったのか?
なかったのか?
結論だけ早く教えて〜!
という方はこちらの記事を読んでください。
↓  ↓  ↓
リプロスキンでニキビ跡に劇的勝利!